主婦みんとが小さな挑戦、お買い物レビューなど日々を楽しむ為に綴っていくブログです

天然繊維の種類と特徴・化学繊維との違い

 

 

みんとです・・・!

 

天然繊維化学繊維 の違い等について  メモしました。

 


 

天然繊維  人工的に作られる化学繊維などに対して 人が作り出せない繊維のこと  を呼ぶ

天然繊維は 植物繊維、動物繊維、鉱物繊維 の3種に分類されている

植物繊維 には 綿、麻
動物繊維 には 絹(シルク)、羊毛、アンゴラ、カシミヤ、モヘア、アルパカ、
鉱物繊維 には 石綿

などがある

天然繊維は 人工的に作ることができない為 希少価値が高い、吸湿性がよい、肌触りがよい、美しい、保温性が高いなど 人体にとって
様々な利点をもつ、高級品として 扱われている。

 


 

化学繊維 は 石油や天然素材などの原料から 人工的に作られる繊維、人造繊維とも言われている

合成繊維、再生繊維、半合成繊維 に分類されている

合成繊維   石油などの原料を加工したもの : ポリエステル、アクリル、ナイロン、ポリウレタン
再生繊維 は 木材パルプ、綿、等の天然の原料のセルロース部分を 溶かして 繊維に加工したもの : レーヨン、キュプラ
半合成繊維  合成繊維と再生繊維の中間的なもので 天然材料に化学薬品を加えて加工したもの : アセテート

 

以上でした。

スポンサーリンク

 










関連記事

コメントは利用できません。