主婦みんとが小さな挑戦、お買い物レビューなど日々を楽しむ為に綴っていくブログです

コンビニおにぎりの成分(ph調整剤・グリシン等)を調べた

コンビニのおにぎりの成分を調べてみました・・・
今回はこちらの 成分表示
onigiri-seibun.png
ph調整剤
グリシン
炭酸mg

の記載あり。

これらについて見ていきたいと思います・・・

 

ph(ぺーハー調整剤)

とは

食品の酸性度、アルカリ度を調整するための添加物 のようですが、
ph調整剤という単一のものがあるのではなく
ペーハーを調整する目的で使用される 添加物の総称 のことで

クエン酸、
乳酸、
リンゴ酸、
酢酸ナトリウム
炭酸水素ナトリウム
炭酸カリウム
リン酸
グルコン酸
等々 複数種あるそうです。

表示する時は 複数使用しても ph調整剤 と表記すればよいことになっている とのことです。( pH調整剤の役割と危険性について 

次に

 

グリシン

とは

これはアミノ酸の一種、これが うまみを出す 成分でしょうか・・・⁉︎
ちなみに アミノ酸には

人が体内で生成できるもの(非必須アミノ酸)
体内で生成できないもの(必須アミノ酸)

があり 体内で生成できないものは 食品などで補う必要があるのだそうです!
(※グリシンは 非必須アミノ酸)

さらに

 

炭酸mg(炭酸マグネシウム)>

とは

 

マグネシウムの炭酸塩のことで

肥料の原料や便秘薬、化粧品の添加物等 様々な用途で使用されるもの。

食品に使用される場合は  主に 膨張剤として使用されているようです。

 

次回は 別の おにぎり も調べてみたいと思います〜










関連記事

コメントは利用できません。